2016年京都記念タッチングスピーチも気になってきちゃった

京都記念考察その2です。

昨日は本命レーヴミストラルって言いました。

もちろんまだ変化なし。何度見ても日経新春杯の最後の直線は早いと思います。

京都記念が京都の芝・2200m。

過去京都記念を勝った馬はだいたい同じ条件のレースで勝ってる馬らしく・・・(JRA情報w)

本命レーヴミストラルは日経新春杯で京都の芝・2400m。

ほぼ一緒!!本命決まりですかね。

タッチングスピーチがエリザベス女王杯、京都の芝・2200mで3着。

京都記念とエリザベス女王杯、条件一緒です。ちょっと気になります。

あと去年の京都記念の覇者がラブリーデイなんですが

中山金杯を勝ったあとに京都記念も勝ちました。

登録馬の中には今年の中山金杯の覇者のヤマカツエースもいます。

2000m当たりの距離は強そうなイメージです。

・レーヴミストラル
・タッチングスピーチ
・ヤマカツエース

とりあえずこの3頭は押さえると思います。

残りのは枠順が決まってから確定させていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。