スプリングSと阪神大賞典で迷うがやっぱりこっちでしょ!

当てるための考察

タイトルには選んだレースを書かないスタイルです。

おわかりかと思いますが今のところ、登録馬を見て楽しそうなレースは阪神大賞典。

登録馬自体は阪神大賞典が12頭。スプリングステークスが15頭。

スプリングステークスはこの時期特有の3歳馬限定レースです。阪神大賞典は古馬の名前がわかる馬が多数います。

となると予想しやすいのはもちろん阪神大賞典になりますね。登録馬をチェックしたところ・・・・

2018年阪神大賞典登録馬

アルバート 牡7 57 福永
カレンミロティック セ10 56 池添
クリンチャー 牡4 56 武豊
コウエイワンマン 牡7 56
サイモントルナーレ 牡12 56
サトノクロニクル 牡4 55 川田
シホウ 牡7 56 小牧
スーパーマックス 牡4 55 山口勲
トミケンスラーヴァ 牡8 56 秋山
ムイトオブリガード 牡4 55 藤岡佑
ヤマカツライデン 牡6 56 松山
レインボーライン 牡5 56 岩田

サイモントルナーレすごいです。12歳って初めてみたぐらいの馬齢です。出馬するかまだわかりませんが

さすがに12歳はなかなかきびしいものがありそうです。出馬したら即切り馬にしたいと思います。

実績で言うとクリンチャーとアルバートが2強といったところでしょうか。

あとはレインボーラインやヤマカツライデンやサトノクロニクルあたりが伏兵として存在感出してます。

まだ完全に全馬チェックしていませんが切れる馬がけっこう多そうです。

サイモントルナーレとかカレンミロティックももう10歳ですし。そして今回も軸馬はなかなか決められない状況になりそう。

馬齢的にも実績的にもクリンチャーでいいような気もしますがいまいち決め手に掛ける感じも否めません。

という状況ですw

まぁまだ時間あるし。各馬の情報収集して久しぶりの2連勝狙ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。