阪神大賞典は的中するも予想通りガチガチだった

阪神大賞典は予想通りガチガチな結果でした。TVで中継を見てましたが

オッズ発表前にトリガミかちょいプラスか微妙なところかなーと見てましたが・・・

3連複760円

あーぁ。クリンチャーが3着だったのでもしかしたらと思いましたがあの着順では1000円を

超えることはできませんでした。

レインボーラインがジワジワ人気上がってきたっていうものありますけど的中したものの

トリガミという悲しい結果に終わりました。

そんな悲しい阪神大賞典の詳細な結果はこちらです。

2018年阪神大賞典結果

1着 7 レインボーライン 牡5 56 岩田康誠 3番人気
2着 6 サトノクロニクル 牡4 55 川田将雅 4番人気
3着 8 クリンチャー 牡4 56 武豊 1番人気
4着 10 アルバート 牡7 57 福永祐一 2番人気
5着 4 カレンミロティック せん10 56 池添謙一 6番人気
6着 11 ヤマカツライデン 牡6 56 松山弘平 7番人気
7着 3 シホウ 牡7 56 小牧太 10番人気
8着 9 ムイトオブリガード 牡4 55 藤岡佑介 5番人気
9着 2 スーパーマックス 牡4 55 山口勲 9番人気
10着 1 トミケンスラーヴァ 牡8 56 秋山真一郎 8番人気
11着 5 コウエイワンマン 牡7 56 四位洋文 11番人気

ほぼみんなの予想通りな結果になったでしょう。

ウマカフェが選んだ5頭は

クリンチャー

アルバート

サトノクロニクル

カレンミロティック

レインボーライン

1着-5着までフルコンプしてました。そんぐらい固いレースでした。

軸馬選定してたらクリンチャーかアルバートにしてたので5頭ボックスで正解でした。

しかしトリガミ。もうこれは仕方がないと割り切ります。

この時期の出馬数少なめのレースは固いですがトリガミリスクも高いですね。

絞りこむ勇気もなく不甲斐ない結果が続いてます。

しかし予想は当たっていますのでこの調子で今週の高松宮記念はゲットしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

のび太がいうように別にいけないと思い込まずにこの流れで予想していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。