菊花賞出馬表確定!ここから最終予想スタート!

さすがクラシック最終戦です。木曜日に出馬表が確定しました。これで予想する時間に余裕がでます。

人気どころは真ん中ぐらいに集まりました。クラシック2冠がかかってるアルアインが8枠の16番と微妙に外よりに入りました。

鞍上も予定通りにキセキにデムーロ。アルアインにルメールです。

これは1番・2番人気ほぼ確定でしょう。それでは今年の菊花賞の出馬表です。

2017年菊花賞出馬表

1 1 ブレスジャーニー 牡3 57 柴田善
2 ウインガナドル 牡3 57 津村
2 3 スティッフェリオ 牡3 57 松若
4 クリンチャー 牡3 57 藤岡佑
3 5 トリコロールブルー 牡3 57 戸崎圭
6 マイネルヴンシュ 牡3 57 柴田大
4 7 アダムバローズ 牡3 57 池添
8 サトノアーサー 牡3 57 川田
5 9 クリノヤマトノオー 牡3 57
10 ベストアプローチ 牡3 57 岩田
6 11 サトノクロニクル 牡3 57 福永
12 ミッキースワロー 牡3 57 横山典
7 13 キセキ 牡3 57 Mデムーロ
14 ポポカテペトル 牡3 57 和田
15 ダンビュライト 牡3 57 武豊
8 16 アルアイン 牡3 57 ルメール
17 プラチナヴォイス 牡3 57 田辺
18 マイスタイル 牡3 57 四位

先週の秋華賞のようにミルコ・ルメールが2人とも馬券に入る可能性も高そうなレースです。

そしてこの2人の過去G1の直接対決としてはミルコ4勝、ルメール8勝とルメールが大きく勝ち越しています。

そして今年のリーディング対決としてはルメール141勝、ミルコ137勝とこちらでもルメールが勝っています。

確率としてはルメール騎乗のアルアインが優勢と見てもいいかもしれませんね。

そして最大に気になってしまうのが当日の馬場状態になります。

ただでさえ菊花賞は3000mと距離が長いレースです。さらに重馬場になれば体力・力が強い馬が有利に違いないです。

切れ味や瞬発力より体力・持久力のまさってる馬が勝つはずです。

京都は今週ずっと天気がよくありません。今のところ天気予報でも雨時々曇りといった予報です。

良馬場と発表される可能性もありますが稍重程度で考えるべきでしょう。

内枠が有利とされていますが過去データみてもさほど偏りはなさそうです。あまり気にせず予想します。

去年は2枠3番のサトノダイヤモンドが勝ちました。ただどの枠でもサトノダイヤモンドは勝っていたと思います。それぐらい強かった。

今年もどの馬が勝つのかめちゃくちゃ楽しみですし予想もばっちり当てていきたいと思います。

これから不良馬場にも負けない持久力のある馬を探していきます。

ちなみに

キセキ・アルアインはもう押さえ確定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。