固めな結果が予想された弥生賞はやっぱりガチガチでした

まぁ3強とも言えるような出馬表だった弥生賞でした。その3強がそのままの着順で来るんじゃないかと・・・

結果、ほぼそのとおりな結果になりました。もちろん的中はしましたが当然トリガミという悲しい結果となりました。

こんなときにそんな予想がハマらくても良かったんですがはまってしまいました。

まずは着順からどうぞ。

弥生賞結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 単勝人気
1着 9 ダノンプレミアム 牡3 56 川田将雅 02:01.0 1番人気
2着 8 ワグネリアン 牡3 56 福永祐一 02:01.2 1 1/2 2番人気
3着 3 ジャンダルム 牡3 56 武豊 02:01.3 1月2日 4番人気
4着 10 サンリヴァル 牡3 56 藤岡佑介 02:01.3 ハナ 5番人気
5着 4 リビーリング 牡3 56 戸崎圭太 02:01.8 3 6番人気
6着 7 トラストケンシン 牡3 56 内田博幸 02:02.0 1 1/4 7番人気
7着 1 オブセッション 牡3 56 C.ルメール 02:02.7 4 3番人気
8着 2 アラウン 牡3 56 F.ミナリク 02:02.8 3月4日 10番人気
9着 6 アサクサスポット 牡3 56 武藤雅 02:03.2 2 1/2 8番人気
10着 5 ヘヴィータンク 牡3 56 野中悠太郎 02:23.9 大差 9番人気

こんな結果となりました。

期待していたオブセッションはいいところなく7着。初の重賞から始まるドラマはありませんでした。しかしこの馬は応援したくなるような雰囲気がありますので皐月賞には出れないかもしれませんが応援はし続けたいと思います。

今回は軸馬決めれずに5頭ボックスでした。選んだ5頭は

オブセッション 7着

ワグネリアン 2着

ダノンプレミアム 1着

サンリヴァル 4着

ジャンダルム 3着

この5頭。どの馬も人気上位でした。オブセッション以外の馬は順当に上位に食い込む結果となり的中はしましたが

3連複500円という悲しい配当の結果となりました。ダノンプレミアムも飛ばないような結果なら仕方がありません。

この世代最強馬はダノンプレミアムで確定なのでしょうか。残るのはタイムフライヤーとの一騎打ちぐらいですが弥生賞を勝ったことで

1歩リードな気もします。皐月賞も危なげなく勝ちそうな気配濃厚です。

タイムフライヤーも皐月賞には出てくるでしょうし・・・楽しみですね。

というわけで弥生賞は嫌な予想が的中してしまい

ガチガチの結果でトリガミっていうパターンが濃厚かもしれません。スルー推奨かもw

本当にこんな結果となってしまいました。

10,000円→5,000円という悲しい結果でしたがやはり流れが来てると思います。

予想がほどよく当たっております。今週は3歳牝馬のフィリーズレビューで勝負か古馬戦の金鯱賞のどちらかで勝負します。

もしくは久しぶりの2レース予想になるかもしれません。自信のあるほうで勝負しますがギリギリまで見極めていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。