弥生賞の登録馬から気になる馬をチェック

当てるための考察

流れは間違いなく来てます。先週の中山記念でなにか目に見えない手応えを感じました。

そんなわけでこの弥生賞で結果をだしたいと思っています。まずは登録馬出禁ある馬のチェックをしていきます。

2018年弥生賞登録馬

アサクサスポット 牡3 56 武藤 8番人気
アラウン 牡3 56 10番人気
オブセッション 牡3 56 C.ルメール 3番人気
サンリヴァル 牡3 56 藤岡佑 5番人気
ジャンダルム 牡3 56 武豊 4番人気
ダノンプレミアム 牡3 56 川田 1番人気
トラストケンシン 牡3 56 内田博 7番人気
ニシノトランザム 牡3 56 11番人気
ヘヴィータンク 牡3 56 9番人気
リビーリング 牡3 56 戸崎 6番人気
ワグネリアン 牡3 56 福永 2番人気

また10頭の登録馬です。ほんとなんでこの時期の重賞は登録が少ないんでしょうか・・・

とりあえず気になる馬を・・・・・・

ダノンプレミアム

当然1番人気になりそうな馬ではありますが朝日杯FS馬です。というか全勝馬。まだまだ底が見えない感じがすばらしい。この馬は押さえます。飛ぶのが考えにくいです。

ワグネリアン

この世代最強馬と噂されてるほどの馬。ダノンプレミアムとの勝負はみものです。どちらも全勝馬。楽しみしかないです。押さえるに決まってます。

オブセッション

馬体が大きい今後に期待できる馬。初の重賞でどこまでいけるか楽しみすぎます。前々から気になる馬なのでここは本命にしたい馬ナンバーワンです。

まずはこの3頭が強烈に気になります。この3頭は枠順関係なしに押さえるべき馬でしょう。

あとは枠順次第だったり隠れた好材料を発見したりで気になる馬を見つけていきたいと思います。

たった10頭のレースですからね。今度こそ的中させてみせます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。